「こんなところに ナニコレ4!」

その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10

45.せせらぎ橋(せせらぎはし)

せせらぎ公園を南北に分ける橋:新羽・荏田線との交差

この橋は、新羽・荏田線に架かる道路橋である。せせらぎ公園のほぼ中央に位置し、公園を南北に分断している。

所在地 横浜市都筑区勝田南2丁目19-1
緯度経度 35.53825, 139.59154
竣工年月 1985年(昭和57年)6月
長さ (2.5+5.20)×2m
幅員 (2.5+5.75)×2m

46.茅ケ崎貝塚橋(ちがさきかいづかはし)

桁下空間の工夫:圧迫感を軽減し、光を導く

この橋は、桁下(橋梁の桁の下側空間)が低く圧迫感があるため、桁高を変化させ、大きな曲線のアーチを用いて柔らかな印象を与えている。また、桁下の空間が低く暗くなりがちなため、中央分離帯にグレーチングをはめ込み、自然な光が差し込むように工夫されている。これは、橋の下を散策する人々への配慮である。

所在地 横浜市都筑区茅ケ崎東2丁目1
緯度経度 35.54153298,139.582879
竣工年月 1983年(昭和58年)12月
長さ 18m
幅員 (2m50cm+5m75cm)×2
茅ケ崎貝塚橋の真下・緑道(せきれいのみち)
茅ケ崎貝塚橋 茅ケ崎中入口交差点に向かう せきれいの道を早渕川に向かう方向から橋を見た

47.真照寺橋(しんしょうじはし)

真照寺橋と早苗地蔵:干ばつを救った偉業の記憶

真照寺橋という名は、橋の近くに位置する浄土真宗の寺、真照寺に由来する。また、橋の近くには、早苗地蔵という2体の地蔵を祀った地蔵堂が存在する。真照寺橋と早苗地蔵には、悲しくも美しい物語が語り継がれている。
1533年頃、当時の織本村は干ばつによる飢餓に苦しんでいた。一人の僧とその娘は、村を救うために山を切り開き、水路を作った。後に村人たちも協力し、干ばつから村を救うことに成功したのだ。この灌漑用水路は、昭和中期に埋め立てられ、現在は道路となっている。

真照寺橋と早苗地蔵は、了信上人親子の偉業と村人たちの努力を伝える貴重な文化財である。この周辺の折本町一帯は、港北ニュータウンの開発から外れた区域であるため、都筑の原風景である集落や自然の風情がそのまま残されている。

所在地 横浜市都筑区折本町1378
緯度経度 35.52581,139.58879
竣工年月 1977年(平成23年)3月
長さ 14.16m
幅員 2.84m
真照寺橋 正面奥突き当たりが真照寺
真照寺側から見た真照寺橋。橋下の道路が水路を埋め立てて造られた道路
写真上 真照橋と堂坂。水路を埋め立てて道路とした。施工主:横浜市
早苗地蔵の祠 真照寺の山門

48.大原みねみち公園の石橋(いしはし)

緑道の中の小さな石橋:大原みねみち公園の情景

緑道「ささぶねのみち」の中に、大原みねみち公園という公園が存在する。公園内には小さな池があり、その上には小さな石橋が架かっている。

所在地 横浜市都筑区茅ケ崎南4丁目7
緯度経度 35.53841, 139.57192
竣工年月 1991年(平成3年)7月
長さ
幅員

49.茅ケ崎公園の石橋(いしはし)

茅ケ崎公園の小さな石橋:緑道からの流れ

緑道「ささぶねのみち」を仲町台方面に歩いていくと、茅ケ崎公園にたどり着く。この公園には、池から流れ出る小川にかかる小さな石橋が存在する。

所在地 横浜市都筑区茅ケ崎南一丁目4
緯度経度 35.53991, 139.58343
竣工年月 1995年(平成7年)3月
長さ
幅員
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10