「こんなところに ナニコレ4!」

その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10

38.ほのか歩道橋(ほのかほどうきょう)

ほのか歩道橋:駅と通学路を繋ぐ上路橋

この歩道橋は、市営地下鉄センター北駅の駅前広場に通じる橋である。橋の形式は上路橋(通路が主構造の上側にある形式の橋)であり、朝夕は学校の生徒が通う通学路となっている。

                            
所在地 横浜市都筑区中川中央1丁目27番
緯度経度 35.553475, 139.580835
竣工年月 1995年(平成7年)3月
長さ 38m30cm
幅員 5m
橋を渡ると秋には楓の色鮮やかな紅葉は見られ「さくらんぼ公園もある」
東側よりセンター北駅を望む 橋下の歴博道路は、交通量も多い

39.並木歩道橋(なみきほどうきょう)

並木歩道橋:公園と緑道、駅を繋ぐ明るい上路橋

この歩道橋は、南側に市営地下鉄センター北駅、北側には牛久保西すずらん公園と緑道「くさぶえのみち」が位置する。橋の形式は、桁高を取ることができるため、上路橋(通路が橋桁の上側に設けられた橋)となっている。高欄はシンプルなデザインのアルミ高欄で、ポリカーボネート板が張られており、橋上空間を明るくしている。

所在地 横浜市都筑区牛久保西
緯度経度 35.55642, 139.57970
竣工年月 1996年(平成8年)1月
長さ 32m60cm
幅員 5m
並木歩道橋を側面から見る
上の写真 並木歩道橋から牛久保西「すずらん公園」へ向かう


右の写真 並木歩道橋をセンター北駅へ向かう橋の頂上は絵になる場所だ







40.青が渓橋(あおがたにはし)

青が渓橋:開放感のある上路橋で緑道と交差

この橋は、緑道「くさぶえのみち」と交差する橋である。橋の形式は、谷の中央に橋脚を置き、遊歩道をまたぐ上路橋となっている。橋脚は視野を遮らないように円柱状になっており、開放感を演出している。また、中央分離帯にはグレーチング(格子蓋)が用いられ、橋桁からの明かりを取り入れている。

所在地 横浜市都筑区北山田4丁目25番
緯度経度 35.557506, 139.583528
竣工年月 1990年(平成2年)3月
長さ 33m50cm
幅員 10m50cm
「くさぶえのみち」から歴博通り(佐江戸・北山田線)を見る
青が渓橋の上の歴博通りは見通しのいい道路となっている 緑道から橋上を見る

41.四季舞橋(しきまいはし)

四季舞橋:自然と調和した曲線美

この橋は、緑道「くさぶえのみち」に架かる道路橋である。橋の周囲は保全緑地に囲まれた広く大きな谷間となっており、豊かな自然が広がる景観となっている。橋の形状は、谷状の地形と一体化する滑らかな曲線が取り入れられ、橋下空間の採光性と透視性が確保されている。

                     
所在地 横浜市都筑区牛久保西3丁目9番
緯度経度 35.55963,139.57910
竣工年月 1989年(平成1年)3月
長さ 50m
幅員 10m.25cm
橋下の曲線構造が美しい(くさぶえのみちより見る)、橋桁のV字の構造が目を引く

42.センター橋(せんたーはし)

早渕川をまたぐセンター橋:人と地下鉄が行き交う

この橋は、早渕川に架かる橋である。橋の上には、ブルーラインとグリーンラインという2本の地下鉄高架橋が走り、中央には歩行者専用のセンター橋が設けられている。地下鉄の前方がセンター北駅、背後がセンター南駅であり、ここはまさにその中間地点である。中央の歩道は、センター北駅とセンター南駅を結んでおり、「みなきたウオーク」という名称が付けられている。

所在地 横浜市都筑区中川中央二丁目(みなきたウオーク)
緯度経度 35.547822,139.5756058
竣工年月 2005年(平成17年)12月
長さ
幅員

43.大崎橋(おおさきはし)

早渕川の大橋橋:ユニークな下水管アーチ

この橋は、早渕川に架かる大橋橋である。大橋橋のそばには、橋の形をしたアーチ型の下水管があり、珍しい景観を呈している。

所在地 横浜市都筑区大棚町462-4
緯度経度 35.54835, 139.58479
竣工年月 1973年(昭和48年)3月
長さ
幅員

44.遺跡公園歩道橋(いせきこうえんほどうきょう)

遺跡公園歩道橋:歴史公園と博物館、駅を繋ぐ

この橋は、港北ニュータウン第一地区の南端に位置し、佐江戸・北山田線をまたぐ歩道橋である。橋の東側は、歴史公園である大塚歳勝土遺跡公園に通じている。西側は横浜市歴史博物館に接続しており、北西には市営地下鉄3号線センター北駅がある。

所在地 横浜市都筑区中川中央1丁目18番
緯度経度 35.55009, 139.57887
竣工年月 1995年(平成7年)3月
長さ 42.70(36.97)m
幅員 4.25m
遺跡公園側から横浜市歴史博物館をみる
つづきまもる君と歴博通り
その1 その2 その3 その4 その5
その6 その7 その8 その9 その10