都筑区民手づくり交流ホームページ事業に関する協定書
横浜市都筑区役所区政推進課と
都筑区民手づくり交流ホームページ運営委員会が取り交わしました。
協定書は以下の通りです。

都筑区民手づくり交流ホームページ事業に関する協定書
都筑区民手づくり交流ホームページ事業に関する協定書

 都筑区民手づくり交流ホームページ運営委員会(以下「委員会」という。)と横浜市都筑区役所区政推進課(以下「区役所」という。)は、事業目的を共有して、都筑区民手づくり交流ホームページ(以下「交流ステーション」という。)事業を協働事業として進めるため、協定を締結します。

(交流ステーション)
第1条 交流ステーションは、市民のボランティアによって、支えられています。

(事業目的の共有)
第2条 次の事業目的を共有して事業を進めます。
(1)平成14年度に区ホームページ内に開設した「区民手づくりホームページ(都筑の魅力探検隊)」を発展させ、区民が運営する交流ステーションを通して、区民間の交流を促進すること、区民と行政の交流を促進すること、及び都筑区の魅力を区の内外へ発信して都筑区への関心や愛着を高めることを目指します。
(2)委員会が自己資金により交流ステーションを運営することを目指します。

(役割分担)
第3条 次のとおり、役割を分担して事業を進めます。
(1)委員会の役割分担
事業主体として「都筑区民手づくり交流ホームページ運営委員会 会則」に基づき、次のとおり、交流ステーションの開設及び運営を行います。また、交流ステーションの著作権を所有します。
ア 交流ステーションの企画、取材、原稿作成、編集、HTML加工、校正、ホームページの公開・更新・管理等を行います。
イ 交流ステーションに参加する「区民制作ボランティア」「区民レポーター」の募集、技術指導のための講座等を実施します。
ウ その他、第2条の事業目的を推進するための事業を実施します。
(2)区役所の役割分担
事業の支援者として、次のとおり、交流ステーションの支援を行います。
ア 「区民手づくり交流ホームページ補助金交付要綱」に基づき、委員会に対して補助金を交付します。
イ 区役所ホームページトップページから交流ステーションへリンクを設定します。
ウ 広報よこはま区版の利用など、交流ステーションの広報活動に協力します。
エ 行政情報の取材協力等、委員会の取材活動の円滑化に協力します。
オ 委員会のメーリングリストに参加するとともに委員会の会合に出席し、意見交換を行います。

(事業の連絡調整)
第4条 委員会は代表を、区役所は区政推進課職員1人を連絡担当者とし、月1回事業の状況を連絡調整します。なお、連絡担当者が委員会の会合へ出席することによって連絡調整をすることもあるものとします。

(経費負担)
第5条 この事業に必要な経費は、平成18年度区民手づくり交流ホームページ事業に申請した収支予算書及び全体予算書に従い、委員会は自己資金を負担し、区役所は補助金を交付します。

(協定の有効期間)
第6条 協定の有効期間は、平成19年3月31日までとします。

(事業の評価)
第7条 委員会と区は、次の項目について、平成19年5月末日までに各々事業の評価を行います。
(1)区民間の交流を促進しているか。
(2)区民と行政の交流を促進しているか。
(3)都筑区の魅力を区の内外へ発信して都筑区への関心や愛着を高めているか。
(4)読者の満足度を把握しているか。
(5)役割を果たしているか。
(6)予算の執行は適切か。

(その他)
第8条 この協定に定めのない事項及びこの協定に関して疑義が生じたときは、委員会と区役所は協議し、解決に努力します。

委員会と区役所は、協定書に署名押印の上、各1通ずつ保管します。
平成18年5月8日
 都筑区民手づくり交流ホームページ運営委員会
代表 岩室 晶子  (印)
 横浜市都筑区役所区政推進課
都筑区区政推進課長 川崎 好夫  (印)
戻る